読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての人にアートを

仙台を拠点に活動するNPO法人アートワークショップすんぷちょの活動ブログです。

皆が居て当たり前の場所~みんなをそばに感じるオドリノタネ~

2月も末ですが、まだまだ風は冷たく。
寒くて硬くなった身体を温めるには、動くのが一番!この日もたくさんの方々が参加してくれました。
 

始まりはいつもの自己紹介ですが、今回はそれに加えて《お互いを知ろうゲーム》というのをやってみました。皆で輪になって座り、真ん中にお手玉を数個置きます。

ファシリテーターのみかささんから出されるお題に該当する人は、そのお手玉を取り3・2・1で放り投げる!例えば「3人兄弟の人!!」とか「青葉区から来た人!!」というようなお題です。

いつも顔を合わせていても、何気に知らないことってあるよね~という事からできあがったゲーム。会話のきっかけにもなるなぁなんて思います。

この日は、歩く前の小さなお子さんの参加もありました。一緒になって寝そべったり、激しいダンスの時はその子達を囲んで踊ったり…とても暖かな微笑ましい気分になります。
これって「歩かない小さな子は危ないから参加しない」ではなく、「常に小さな子がいる事を周りが気にしている」という事を大切にしているすんぷちょだからなんだなぁと思うのです。

真ん中の子達、くるくるっ回る大人やお兄さんお姉さん達を目で追ったり、音楽にノリノリだったりちゃんと参加していましたよ~
また、車椅子を利用している参加者さん、自分の番になりお手玉を投げようとゆっくりゆっくり考えている時、他の皆さんは「早く!早く!」と急かすのではなく
「次は僕・私に投げてくれる?ワクワク♪」
「じっくり考えてるね~♪ワクワク」
というように、その方のタイミングを皆が楽しく待っててくれる・・・
こんな時、なんていい空間なんだ~と思います。

障害のある人や小さい子達を特別に思うのではなく、いつも気にかけているという場所、皆が居て当たり前の場所、それがまさにオドリノタネなんだなぁと改めて思うのです。 赤ちゃんから大人まで、障害があってもなくても楽しく踊れるオドリノタネ。

様々な環境の方達との出会いもあるありますよ~次はどんな新たな出会いがあるんだろう!とワクワク♪ 次回は3月11日、10-BOX box3です。お待ちしております。(すがわらかずえ)